お仏壇の種類


仏壇の種類は大きく分けると3種類になります。

漆を塗って、金箔を押して仕上げた 『塗り仏壇(金仏壇)』

黒丹・紫丹と言った銘木を材料に仕上げた 『唐木仏壇』

フローリングの部屋等のリビングに合うように仕上げた 『モダン仏壇・家具調仏壇』

(製造元によって呼び方に若干違いがございます。)

金仏壇

お仏壇の中で最も歴史のあるお仏壇です。

産地によって形に特徴があり、経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている地域のお仏壇もあり、宗派によって形や塗り方に違いがあます。


【宗派】

 浄土真宗大谷派(東本願寺・お東)

 浄土真宗本願寺派(西本願寺・お西)

 浄土真宗高田派

 曹洞宗、臨済宗、天台宗、真言宗、浄土宗など


唐木仏壇

黒丹・紫丹などに代表される銘木を使用して作られるお仏壇です。材料としては黒丹、紫丹、刀鉄木、黄王丹、シャム柿などがあります。


以前は鏡面仕上げと言われる、光沢のある仕上げ方が主流でした。最近ではセミオープン仕上げと言われる、木の質感を生かした仕上げ方が主流になってきています。


【宗派】

曹洞宗、臨済宗、天台宗、真言宗、浄土宗など


家具調仏壇・モダン仏壇

近年登場してきたお仏壇で、製造メーカによって、呼び方が様々です。


マンションなど、和室の無いお宅や、新築のお宅でも仏間や和室を作られないお宅が多くなってきましたので、フローリングの洋間や、リビングに合うデザインがされています。


宗派各宗派でお使いいただけます。