墓石各部の名称など



●石碑…埋葬した目印として建てる石の墓標で、竿石(さおいし)ともいいます。

●塔婆立…納骨や年忌法要のとき、これに卒塔婆を立てます。外柵に組み込む場合もあります。浄土真宗では通常、塔婆を立てません。

ろうそく立…様々な種類がありますので、当社より提案させていただきます。

●芝台お墓の土台となります。納骨室(カロート)の保護、香炉、花立ての置き台となります。一枚板ではなく、四ッ組とする場合がほとんどです。

●玉垣…聖域である墓地と周囲の境界をはっきりと分ける堀の役目をします。デザインにこだわった豪華なものまで様々です。

●霊標…従来、故人の戒名は竿石の側面に刻まれてきましたが、合祀墓の場合は墓誌(戒名板)をもうけ、戒名、没日、俗名等を彫刻します。

●墓前灯籠…古来より献灯は釈迦の慈悲にふれ、邪気を追い払うといわれています。大きさは灯篭の高さから35号(3尺5寸)と40号(4尺)が標準的ですが、外柵の門柱に乗せる置灯篭も一般的です。

●玉砂利…墓地内の敷砂です。お墓を美しく演出するとともに、雑草を生えにくくするといった実用性があります。地域によってさまざまなものが使用されています。

●拝石…墓地内の敷石です。この上でお祈りをします。地域によっては墓石前面の納骨のためのフタ石をいう場合もあります。

●巻石…墓地の基礎となる部分を形成します。